脱毛の効果と部位別の痛みの違い

itami

初めて脱毛クリニックに通いたいと思っている方々の中で、とても不安に思っている事が施術の際の痛みやどの位の効果が有るのかです。
そこで脱毛を行う際に感じる痛みや脱毛の効果について、脱毛の種類や脱毛の部位別に調べて見ましょう。

先ず、現在日本で行われている脱毛には医療脱毛と呼ばれる医療機関で受ける脱毛と、エステサロン等で受ける事が出来るエステ脱毛に分ける事が出来ます。

医療脱毛はレーザー脱毛とも呼ばれる物で、脱毛の際に使用する機器のレーザーが強く、脱毛の施術の際には痛みを伴う場合が多く有ります。

一方、エステ脱毛の場合には、医療機関で受けるレーザー脱毛に比べて使用される機器からのレーザーが弱い為、医療脱毛に比べて痛みも小さいと言われており、
ちょうど「輪ゴムでパチン」とされる程度で有ると言われております。その為、痛みが苦手な人はエステ脱毛を受ける方が多くおります。

又、痛みはその脱毛する部位によっても感じ方が異なり、比較的痛みを感じ易い部位としては顔の眉毛や鼻の下、首の後ろのうなじや脇の下、腕では肘の下側、
足では膝の下のすね等で痛みを感じ易くなっております。
これらの部位は、皮膚の薄さや繊細な神経が通っている事も有り特に痛みを感じ易い部位で有ると言えます。

更にVIO脱毛の場合にはデリケートゾーンに近い事も有り、VラインやIラインの脱毛では強く痛みを感じる人も多くおります。

一方、比較的痛みを感じない部位としては、顔のほほの部分や身体のお腹周り、おしりの周り等は痛みを感じ難い部位と言えます。

これらの部位は皮膚も厚く、更に皮下脂肪が付いている為痛みを感じ難いと言えます。
又、VIO脱毛でもOランと呼ばれるおしりの周辺も比較的痛みを感じ難いと言われております。

この様に脱毛による痛みは部位の違いや人によって感じ方が異なりますが、医療脱毛やエステ脱毛では施術の際に使用するレーザーの強さを弱くしたり、
又は痛みを和らげるクリーム状の麻酔薬を使用する場合も有る為、どうしても痛みが強く我慢できない場合には医師やカウンセラーにきちんと相談し、痛みを和らげる施術を行う事も大切です。

次に痛みを伴う場合が有る脱毛の効果について考えて見ましょう。脱毛には医療脱毛とエステ脱毛が有りますが、先ず医療脱毛は使用される機器のレーザーが強い分、
脱毛後の効果が高いと言われており永久脱毛とも呼ばれております。

医療脱毛はムダ毛が生える基になる毛根を破壊する治療が行われますが、毛周期に合わせ強いレーザーを照射し毛根を破壊してしまう為、
脱毛の効果は永続的であると言われており痛みを強く感じる分その効果も高いとされております。

一方、エステ脱毛も医療脱毛と同様にムダ毛の基になる毛根を破壊する施術が行われますが、レーザーが弱い分痛みが少なく脱毛の効果も低いとされております。

又、医療脱毛は強いレーザーを照射する事から、脱毛後の効果が感じられる期間もエステ脱毛よりも短く、医療脱毛では10回程度の施術で脱毛の効果を実感する事が出来ます。
一方、エステ脱毛の場合には12回から15回程度の施術が必要で有ると言われており、医療脱毛の方が少ない回数で脱毛の効果を感じられます。

この少ない回数で脱毛の効果を得る事が出来る事から、脱毛に掛かる費用対効果も医療脱毛の方が高いとされております。

又、エステ脱毛は永久脱毛とは異なる為、脱毛が完了し数年で再びムダ毛が生えて来ますので、長い目で見た場合でも医療脱毛の方が効果が高いと言えます。

更に医療脱毛は医師による施術が行われる為。脱毛後の肌トラブル等への対処にも抜かりが無く、脱毛が初めての方でも安心して脱毛を受ける事が出来ます。