サロンで施術を受ける前と当日の注意点

tyuuiten

脱毛サロンで施術を受けるなら、注意すべき点もあります。
それも複数あるのですが、日焼けや毛抜きなどは要注意です。
特に前者は、トラブル発生率を高めてしまいます。

なぜ日焼けは要注意かというと、肌トラブルが生じる確率が高いからです。
マシンから放出される光が、黒い色に反応してしまうからです。

脱毛サロンでは、基本的にはフラッシュの光で施術を行ってくれます。
そのフラッシュの光で体毛にダメージを与え続けて、自己処理が不要な状態を目指す訳です。

フラッシュの光は、黒い色に反応する性質があります。
日本人の体毛は、黒い色になっているでしょう。黒い色は、光を吸収する性質があるのです。

フラッシュの光も例外ではありません。その体毛がフラッシュの光を吸収しますと、自然とダメージを受けるので、いずれ自己処理も不要な状態になるのです。

人によっては、肌が少々黒い色になっています。夏の時期に海などに行きますと、肌が黒くなるでしょう。
その状態の肌にフラッシュの光を照射しますと、トラブルが生じる確率が高いのです。肌がフラッシュの光を吸収してしまうからです。

実際サロンにカウンセリングに行きますと、施術を受ける前は日焼けを避けてほしいと言われます。
ですから施術を受ける前は、日焼け対策を施しておく必要があります。

それと上述の毛抜きも、肌トラブルの確率を高めてしまうので、注意が必要です。
毛抜きを行ってしまいますと、もちろん体毛が無い状態になります。
その状態ですと、フラッシュの光を照射する意味がなくなってしまうのです。

フラッシュの光は、あくまでも体毛がある状態の時に、効果を発揮してくれます。
施術を受ける意味が無くなってしまうので、毛抜きは禁物です。まして毛抜きを行ってしまいますと、埋もれ毛などの状態になりやすく、施術の期間が長引いてしまうのです。

上記はサロンにて施術を受ける「前」の注意点ですが、施術当日にも注意すべき点があります。例えば、肌に対して塗る製品です。

人によっては、肌からの発汗が気になるので、制汗剤などを使用している事もあります。また肌ケアの一環として、保湿剤などを塗っている方々も多いです。
また日焼け止めを塗っている方々も目立ちます。これらの製品は、脱毛の施術当日には塗らない方が良いのです。

というのも塗るタイプの製品は、たいてい毛穴を塞いでしまいます。毛穴が詰まってしまいますと、フラッシュの光による効果が限定されてしまうのです。
それでは施術の期間も長引いてしまいます。ですから施術を受ける当日は、塗る製品は使用しない方が良いでしょう。

それとシェービングも避ける方が望ましいです。というのもサロンでは、剃り残しがある箇所には施術を行いません。
シェービング可能なサロンもありますが、別途で料金が加算されてしまう場合があります。それが心配なので、多くの方々は施術直前にシェービングを丹念に行っているのです。

しかし、それは避けるべきです。というのも当日にシェービングを行ってしまうと、肌に多少の傷が付いてしまう傾向があります。
傷がある状態でフラッシュの光を照射するのは、危険度が高まってしまうのです。

なお、「施術前にシェービングすべきではない」という意味ではありません。
シェービングは必要なのですが、施術「当日」に行うのは良くないのです。トラブルが生じる確率が高いからです。
基本的には、前日までにシェービングを済ませておくのが望ましいでしょう。

このように脱毛サロンの施術前や当日には、注意すべき点が色々あります。
ただし、基本的にはサロンのスタッフは注意点を伝えてくれます。
それを厳守していれば、基本的には問題ありません。

関連記事:脱毛サロンを選ぶ段階で気をつけておきたいこと